記事リスト

災害時の情報管理に最適

男性と女性

日頃の訓練も大切です

企業や自治体などにおいて最も大切なものと言えるのが、そこで働く社員や職員です。大企業であれ、中小企業であれ一人一人の社員や職員がそれぞれの仕事を全うするからこそ企業活動や自治体運営が円滑に進んでいる訳であり、社員や職員は企業にとっては正に財産と言っても過言では無いのです。その企業や自治体にとって欠かせない存在である社員や職員の災害時の安全を確認する為のツールとして広く安否確認システムが利用されています。特に地震大国と呼ばれる日本では地震による災害が数年あるいは数十年に1回の単位で発生しています。必ず起きるとは言えないまでもいつ地震による災害が発生するか分から無い状態です。大規模な地震などが発生した場合は電話回線などがパンクをしてしまい社員や職員一人一人と連絡を取るのは非常に困難になる為、多くの組織で安否確認システムを活用して全ての社員の状態を把握出来る様にしています。安否確認システムを活用する事で情報を一元的に管理する事が出来るので情報収集のスピーディーですし、抜け漏れなく管理が行えます。この様に安否確認システムは非常に便利なツールですが、注意しておきたいのが事前の準備です。災害の発生はいつ起こるか予測が付かない為、日頃からの安否確認システムの利用訓練を行う事が重要になります。有事の際にも焦らずに冷静に対処できる様にする為には年に最低でも複数回は安否確認システムを用いた訓練を行う必要があるといえるでしょう。

Copyright© 2018 給与計算システムの申し込み【給与計算へのコストや負荷を減らす】 All Rights Reserved.